スープダイエットをする人が増えています。ダイエット用レシピでつくったスープを飲んで脂肪を燃やすというものです。季節を問わず身近なところで手に入る6種類の野菜からつくる脂肪燃焼スープが、ダイエット効果が高く体脂肪を減らしたいという人におすすめのスープです。

それぞれの野菜が持ちあわせている成分効果によって、体内に留まっている不要な成分を体に外に出すことができます。脂肪燃焼スープのレシピはとても簡単です。材料は玉ねぎ、セロリ、キャベツ、トマト、ピーマン、水、鶏がらスープの素、昆布、かつお節です。

野菜は好みの大きさにカットします。サイズに余裕がある鍋に、野菜と出汁を投入して20分ほと煮続けます。必要ならば、途中で水を加えましょう。煮込み終わったら、最後に塩を少々プラスして味を調えます。火からおろしてでき上がりです。最後に生姜をおろしても効果があるようです。

油や砂糖など、調理方法次第でいくらでもカロリーを抑える方法があるのが、ダイエットメニューのよいところです。脂肪燃焼ダイエットスープをひたすら飲み続けていたら、味に飽きてしまったという場合は、味噌味や醤油味でもつくってみてください。

ダイエットレシピは一見すると簡単そうですが、そのご飯づくりを毎日続けことはなかなか困難です。脂肪燃焼スープであれば、一度にまとめて作ってしまえば冷蔵庫で、1週間程度くらいは保存できます。まとめてたくさんつくっておくことで、以後は少しずつ食べていけばいいわけです。レシピが簡単なのは、脂肪燃焼スープのいいところです。

ダイエットだけに留まらない健康効果もあるといいます。