}PgžxQ車の購入方法の一工夫ですが、特に新車の場合は、自分の用途に合った車種を選ぶかどうかが、大きなポイントになるでしょう。
そうした場合、自動車メーカーそのものにこだわりがあるとか、自分でいろいろ検討した結果、どこのメーカーのどの車種か決めている場合は、その通りにすればいいことですが、決めきれない人も多いのではないでしょうか。
そうなると、およその候補を持っているメーカーの販売店を訪ねて、話を聞き、試乗してみるということになるでしょう。
そのときですが、それほど車の知識のない人向けの工夫の話ですが、販売員の親身な対応を確認することも大事なことになります。
大手メーカーの場合、取扱い車種が販売店ごとに決まっているケースもあり、当然のことながら、そこの販売員は自分の成績、そこの販売店の成績にウエイトを置いています。その結果、車種の選定対象が取り扱っている範囲に限定した推薦ということになりやすいのです。
本来であれば、お客様の用途を第一に考え、そのお客様の考えに、専門家としてのアドバイスをしながら、意思を固めるお手伝いをし、車種を絞り込んでいくというのが正しいやり方のはずであり、その結果、他の販売店の取り扱い車種を選ぶということがあってもいいはずなのです。
販売店の本当のお客様志向と真のプロ意識に頼るのも大切な工夫です。